冷え性さんにヒートテックは逆効果!?その原因と本当に暖かい対策は?

ヒートテックを愛用してて
「着てても寒い!」そんな思いをしてませんか?

スポンサーリンク


さよちゃんの悩みは?

ようこさん
さよちゃん、どうしたの?

さよちゃん
ヒートテックって本当に暖かいの…着てても寒いと思うのおかしい?

ようこさん
ヒートテックは万能じゃないのよ。

さよちゃん
えっ!そうなの!だってヒートテックだよ。

ようこさん
人によってはダメなの、冷えを感じる人もいる。その理由を教えるよ^^。

ヒートテックを着てても寒いと感じる理由は?

その人のタイプによってなんです
そのタイプは2つ

1.体からの水分蒸発や汗が極端に少ない

2.汗かきの人

ヒートテックは万能ではない?!
誰でも暖かくなる訳じゃないんです。

冷え性な女子は汗をかかない人が多い?!

先ほどの項目を見て
私は「1.だな」そう思ったのでは(^^;。

さよちゃん
汗かかないもん…だからかぁ

 
 
絶対とは言いませんが、
痩せすぎ女子は夏でもダラダラ汗をかく
そんな時本当に少ないと思います。

 
 

冬は余計汗をかかないですよね(^-^;。

先ほどの「項目2.」に関して、
汗は体温を下げるための機能の一つです
スポーツで体を動かす時はヒートテックは向きません。

ヒートテックが暖かく感じる人って?!
暖かくなる仕組みを知ると納得出来ますよ。

ヒートテックが暖かくなる仕組みって?

私たちは冬でも、汗をかくって知ってますか?

夏の様にダラダラではなく、
水蒸気になってしまうので実感がないかも…
なんと1日に約800mlも水分がでてるんです!

ヒートテックは「これ」を利用してます。

ヒートテックには「吸湿発熱繊維」という
素材を使用していて、皮膚から出る
水分や汗などを繊維が吸収することにより発熱するという仕組み。

つまり体から出た汗や水蒸気などの
水分が繊維に吸収され熱に変化、
このときに発生する「凝縮熱」という熱を利用して、
発熱させるのが「吸湿発熱繊維」!

ヒートテックを上手く活用する方法3

「着ていれば暖かい」ということはない
それは分かってもらえたと思います。

有効に活用するには多少の汗が必要です
汗をかかないタイプでも
ちょっと気にすると違ってきます。

サイズはぴったりなものを選ぶ

ヒートテックは肌に密着させることで、
熱を逃がさないようになります
身体が暖まり汗をかきやすくなります。

少し大きいサイズを選んでしまうと
ガバガバで空気が入り、しっかり保温出来ません。

ジャストサイズか少し小さめを選びましょう。

寿命の見極めが大事

ヒートテックも消耗品です
洗濯を繰り返して「ダラッと伸びてきた」
そう感じたら、それが寿命です。

 
 
ジャストサイズがガバガバになれば
肌との密着が低くなって、
保温ができなくなってしまうからです。

メンズ・レディースの機能を把握しよう

実は、ヒートテックは
メンズとレディースで少し機能が違います!

メンズは「吸収速乾」
レディースは「保温」の機能が備わっています。

身体を動かす方はメンズ用、
あまり動かない方はレディース用の選択がベスト
ライフスタイルに合わせて選びましょう!

 
  
この方法を試しても
やっぱり「寒い!」そんな時は
他のインナーを試しましょう!

別の暖かいオススメのインナー2つ!

ヒートテックでは寒さをしのげない!
そんなあなたが安心できる物があります。

ほっこり暖かくなれるインナーを紹介しますね。

ベルメゾン「ホットコット」

ホットコット

やさしい肌触りで保温性に優れています
着ぶくれしにくく、見えても肌着っぽくないと好況です。

ホットコットシリーズの値段は、
990~2000円の間でご購入出来ます。

ベルメゾン 詳しく確認する 

しまむら「ファイバーヒート」 

しまむらインナー

低価格のしまむらから出ているシリーズ
その中でも「裏地あったかインナー」
厚(ATU)と極(GOKU)があります!

言葉で説明するより動画があるので
確認してみて下さい。

厚を見る

もし汗をかいても大丈夫な理由

極を見る

値段は980円!流石しまむらです!

しまむら 詳しく確認する 

まとめ

ようこさん
さよちゃん、どう?
さよちゃん
ユニクロでピッチリサイズ試してみる、しまむら気になる~(笑)。
ようこさん
今年の冬はホッコリ過ごせそうだね!

紹介した以外に他でも
暖かいインナーが発売されています。

ユニクロにこだわらず
ご自身に合ったインナーを選んで、
寒い冬を乗り切りましょう!

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする