太りたい女性の食事はこれ!食べると良い物があるの?鶏肉・水・塩編

糖・米・餅・アボガド・卵に引き続き、
私なりに調べた食べると良い物をまとめました。

スポンサーリンク


鶏肉

鶏肉が良い物となる理由は、
血を作るのに大切な「鉄分」と「タンパク質」が
豊富に含まれている食品だからです。

痩せすぎの方は、体内で
「血を作りにくい(気虚体質)」から
痩せているって事もあります。

普段から
・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・よく息切れする
・冷え性
・胃もたれしやすい

こんな風に感じているなら、
「気虚体質」の可能性有りですよ。

特に胃腸の状態が良くないと
食べても栄養を吸収してもらえません。

だから食べても太れないって状態になります。

血をつくるのに「鉄分」が必要な事を
知ってる人は多いと思います。

肉である鶏肉と野菜であるほうれん草では
「鉄分」の種類が違う事、知ってますか?

お肉の鉄分は「ヘム鉄」
野菜の鉄分は「非ヘム鉄」と違うんです。

何がどう違うの?

違いは吸収力、
「ヘム鉄」は25%ほどが吸収されるのに対し
「非ヘム鉄」は5%ほどの吸収です。

太るためには吸収力が高い方を選んだ方がお得です。

予備知識として、「非ヘム鉄」は
食べ方により吸収力を高める事が出来ます。

動物性タンパク質やビタミンCと一緒に
摂取すれば、より効果的に吸収される事になります。

話を戻しますね、鶏肉は
東洋医学でも血不足に効果的と言われています。

特に骨の部分が血を作る力が高いので
骨付き手羽先がおススメです。

手羽先には女性には嬉しいコラーゲンも
多く含まれています。

食べ方は、焼くより鍋や煮物にした方が、
手羽先から溶け出したコラーゲンも
摂取出来て身体も暖まり一石二鳥です。

良い水

良い水が良い物となる理由は、
人の身体の60%は水で出来ているからです。

注意:水分ではなく「水」が必要です。

お茶やコーヒーを飲んでるから大丈夫と
言う人がるけれど、それでは「水」を
取ってるとは言い難いんです。

それらに含まれるカフェインや糖分や添加物は、
細胞から水分を奪い、血液をドロドロにしちゃいます・・・。

そうなると太るために必要な
消化吸収を含めた体の機能が落ちてしまいます。

痩せていることで元々疲れやすいのに
より疲れやすくなってしまいます。

他には記憶力や集中力も低下し、仕事や勉強の
能率を下げることも証明されているんです。

イギリスのウェスト・ミンスター大学の
研究によると、知的作業に集中する前に
約500mlの水を飲んだ人は、
飲まなかった人と比べて、
14%反応時間が速くなる結果が出ています。

口が何となく粘ついてる状態は、
すでに不足している症状です。

「喉が渇いた」と思った時は、
既に脱水状態に陥っているので
私は渇く前に飲む様に気を付けてます。

でも「喉渇いた、飲まなきゃ」
なんて言ってる私がいますが・・・。

渇いてから一度に大量に飲むよりも、
気にしてこまめに飲める様に出来ると良いですね。

水を飲めと言われても
1日どれだけ飲めばいいの?思いますよね。

1日に必要な水の量は体重×33でわかります。

ようこさん
ここで簡単に計算出来ますよ

例えば体重が40kgの方の場合、
40kg×33=1.32リットル

結構な量ですよね(^-^;、でも
これを気にする事で色々嬉しい効果があります。

・基礎代謝が上がる
・体温が上がる
・肌の透明感が上がる
・ニキビや吹き出物などができにくくなる
・乾燥肌・シミ・小ジワ・たるみの改善
・むくみの解消
・リンパの流れが良くなる
・老廃物のデトックス
・血液がサラサラになる

太るために大切な消化器系は、
食べ物を消化吸収するために相当の水を必要とします。

水分は胃酸の調整も助けてくれます、
不足すると便秘になる可能性が高まり
体から毒素と廃棄物が排出されにくくなります。

そして冷たい水はおススメしません、
胃や小腸などに負担がかかります。

私は常温・白湯・お湯で飲む様にしています、
お腹が弱いし、身体が冷えやすいので(^-^;。

可能なら水道水以外の水を飲んだ方が良いです
水道水には殺菌・消毒のために「塩素」が含まれています。

「塩素」って必要な物と思っていましたが、
どうも日本の基準は他の国の5~15倍!

日本の水道法では0.1ppm以上濃度で
保つ様に定められています。

だから首都圏で1.0~2.5ppm、
低い地方都市でも0.4~1.0ppm。

以上濃度だから上限が決められていない、
でも最低値が0.1ppmって事は、
その量で大丈夫だから決められているはず。

だから多ければいいって物ではないと思うんですよね~。

この塩素により腸内の善玉菌まで
殺菌されて、身体全体の機能が低下する結果に。

塩素は「煮沸」によって除去すること可能で
私は水道水をポットに入れて常に沸騰状態。

その理由は、
水道水には消毒処理の過程で発がん性が
あるとされる「トリハロメタン」という
物質が含まれている場合があり。

水道水を沸騰させることで2~3倍に増え、
沸騰直後に最もその濃度が濃くなる様、
でも沸騰してから「さらに15分以上」
沸騰させれば大丈夫と知ったからなんです。

良い塩

良い塩が良い物となる理由は、
人の身体に絶対必要な存在だからです。

熱中所対策で、水分だけでなく塩分も必要と
言われる様になり塩飴や塩タブレットが
販売されていますよね。

塩分が不足する事で身体の
ミネラルバランスが崩れ、だるい、
立ちくらみ、吐き気、熱中症の状態に。

他にも身体の体温が下がり、
冷え性になりやすくなります。

身体が冷えると酵素の働きも低下し、
太るために大切な消化吸収の働きも低下してしまいます。

塩分を摂り過ぎると高血圧になる、
私はそう思ってました。

でも塩分が悪いのではなく、塩に含まれる成分
ナトリウムが良くないんです。

例えばスーパー等で売られている
 一般的な「食塩(食卓塩)」は、
その成分の99%以上が塩化ナトリウムです。

ナトリウムを摂り過ぎると
血液中のナトリウム濃度が高くなり、
渇きを感じて水を飲み血液量が増えます。

それにより限られた血管内の
液量が増えるので血圧が上昇してしまう。

突発的な事なら、身体がナトリウムを
腎臓から排出してくれて通常に戻ります。

ですが、日常的にナトリウムを過剰摂取すると
身体の機能が追い付かづ排出困難に。

塩分は大切、でも「良い塩」を摂る事が大切なんです。

「天然塩」をおススメします
私はピンクの塩を使用しています。

えっ??ピンク、大丈夫なの?と思いましたか。

ヒマラヤ産の岩塩で、ナトリウム以外に
鉄分、カルシウム、カリウムなど含まれ
味わいまろやかと言われています。

着色料は一切使われておらず、
鉄分が発色の元になっていますから安心です。

塩は、取り入れ易いと思いますよ。

食品について関連記事

太るために食べると良い物

発酵食品編
糖・米・餅・アボガド・卵編
良い油編

太るために食べない方が良い物

良くない油編
砂糖・栄養ドリング編
果糖・人工甘味料・カフェイン編

参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする