太りたい女性の食事に注意!太りやすい食べ方知ってる?損してない?

「食べること」だけ気にしていませんか?

太りやすい食べ方、身体の仕組みなど
太るために知っていて損のない事を紹介します。

スポンサーリンク


朝ごはん食べていますか?

ちゃんと食べている方は、
ここを飛ばして下を読んで下さい。

「朝は忙しくて何も食べてない」
白湯(さゆ)を飲む事をおススメします。

内臓を優しく起こしてくれて
他にも嬉しい効果があります。

《嬉しい効果》

・お通じに効果あり

・冷え性の方は身体が温まります

・お昼にはお腹が空いて受入れの準備万全

・お昼前にお腹が空く可能性も高まり
 間食でカロリーをプラスに摂取出来ます

時間にゆとりがあるなら、バナナとか
ヨーグルトなどおススメします。

冷えたヨーグルトは控えた方が良いです
私は常温もしくは、少しチンして温めてます(^-^;。

今の私は小さなおにぎりを食べて出社してます、
でも最初は白湯から始めました。

支度をしながら飲んで出社してました、
ほっこりとしてイイもんだと思った事を覚えてます。

太りやすい食べ方の秘訣とは?

人の身体は食べた分だけ身につく訳ではないんす。

例えば、1000カロリー食べれば
100g身につく!
と私自身は思っていました(^-^;。

食べる量が増えるほど体重が一直線で増える
比例関係ではないんですって。

実際は、最初は殆ど上昇せず、
ある一定のポイントを超えると急上昇する
「ジグモイド曲線」↓こんな感じなんですって。

ジグモイド曲線

この「人の身体の仕組み」は分子生物学などの
研究で証明されているそうです。

つまり1度に食べる量が少なければ、
上へ進む量は少ないままで体重は増えにくくなります。

モデルの女性は、体型を維持するのに
1日何度も食事をすると聞いたことがあります。

「1日に食べる量は同じでも、
食事の回数を増やせば太りにくくなる」
身体の仕組みを知っているわけですね。

なら太りたければ、この逆を行えばいいんです。

例えば、1日2100kcalを食べるとして
① 朝700kcal  昼700kcal  夜700kcal
② 朝500kcal  昼500kcal  夜1100kcal

 
両方とも1日の合計は2100kcalですが、
②の食べ方をした方が体重は増えやすくなります。

知っているから「意識的に多めに食べる」と
心がける事が出来ます。

そして継続する事で「太れた」実感につながります。

継続する事が苦手な人に、
三日坊主と縁切れるこちらでコツを紹介しています。

どれだけ食べていますか?

自分では食べているつもり、
では実際に1日どれだけのカロリーを
摂取しているか確認した事ありますか?

そして自分に必要な「1日のカロリー」
どれだけか知ってますか?

そこを知らないと、
意識して多めにって出来ませんよね。

自分の摂取カロリーの確認をしましょう。

目標体重(kg)×30=1日の摂取カロリー
この計算で確認出来ます。

例:目標体重が48Kgの場合だと
  1440カロリーになります。

自分の消費カロリーの確認もしておきましょう。

今の体重(kg)×30=1日の消費カロリー
この計算で確認出来ます。

例:体重が40Kgの場合だと
    1200カロリーになります。

消費カロリー < 摂取カロリー
になる様に気にする事で太っていけます。

後もう1つ、気にする事で違いがあります
それは「食べる順番」です。

1.ご飯や麺類などの炭水化物を食べる
2.肉、魚などのたんぱく質を食べる
3.野菜や汁物を食べる

そうすると血糖値が上がりやすく
摂取したカロリーが脂肪になりやすいんです。

変えてみようかなと思ったなら
今日から気にしてみて下さい。

私は今も心掛けて食べています。

食べた分のカロリー計算が出来る方法がある

「吸収率」を格段に高める食べ方の秘訣とは?

ちょっと工夫すると
栄養の吸収率は格段に上がります。

それなら、その「食べ方」にした方が
お得だと思いませんか。

先に伝えておきますね、
上記に伝えた事は気にする事で大丈夫でしたが、
これから紹介する方法は「ひと手間」かかります。

「すりおろして食べる」

すりおろすことで野菜や果物の細胞膜が破れ
細胞内の酵素があふれ出て、活性化されます。

カットして食べるより、酵素を2~3倍
増殖した状態で体内に摂りいれる事が出来ます。

私の中で「すりおろし」て食べる物と言えば
迷わず『大根』!

実際に大根は一番おススメの食材です。

理由はデンプンを分解するアミラーゼ、
タンパク質を分解するプロテアーゼ、
脂質を分解リパーゼといった消化酵素のほか、
100種類を超える酵素が含まれています。

さらにビタミンCやミネラル、
ファイトケミカルも含まれています。

私はファイトケミカルを知らなくて、
植物性食品の成分から発見された化学物質で
抗酸化力、免疫力アップなど、健康維持や改善に
役立つのではと期待され、研究が進んでいるそうです。

食べ方は色々、そのままジャコと少しのお醤油、
お肉やお魚、うどん等と一緒に食べても美味しいですよね。

大根の他に、りんご、ニンジン、生姜、
玉ねぎなどもすりおろしに適しています。

おろし金は金属製の方がおススメです、
種類によって食材の触感が変わりますから
自分の好みの触感で食べて下さい。

「冷たい物を控える」

寒い季節には関係ないかと思います。

でも暑い季節になると、身体を冷やすために
冷たい物を飲んだり食べてませんか?

その行為は胃腸や内臓に負担をかけています。

何故なら、腸は冷えが苦手です。

機能が低下するだけでなく、食欲が落ちて
より栄養を吸収出来ない、免疫力も低下し
悪循環の状態へ。

冷えると腸内の善玉菌の活動が鈍くなり、
悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増えると腸内で有毒ガスの
アンモニアなどが発生し、血液に乗って
全身に運ばれます、身体のとって良い事なしです。

冷たい物を摂り過ぎると「夏バテ」になる?

正解「夏バテ」します。

腸が冷えると身体は
体温を上げようとエネルギーを使います、
結果疲れやすくなり「夏バテ」の状態に。

夏に限らず冷たい物をやめることで
自然と体調が良くなる人は多いんです。

以下の事を気にして取り入れる事をおススメします。

・夏場の冷たい飲み物は一気飲みしない

・サラダなどは冷蔵庫から早めに出し、
 常温に近づけて食べる

・飲み物は常温で保存したものを飲む

暑い時は、冷たい物を一気飲みすると
スッキリした気分になると思います。

ですが身体の内(胃や内臓)では
青ざめている状態です。

首筋・脇の下を冷やした方が
間違いなく身体のほてりは落ち着きます。

「寝る3時間前までに食べる」

寝る前に食事をすると
身体に良くない事が4つあります。

1.消化不良を起こしやすい

寝ている時に消化活動が行われる事になり、
消化不良を起こし、栄養の吸収率が落ちます。

身体は寝ている状態ですから、
本来の動きより鈍くなって当然です。

消化されないままの食物がピロリ菌などを
増やし胃炎や胃潰瘍の原因となる可能性もあります。

2.睡眠の質が低下します

身体は食べ物の消化活動に集中してしまいます。

本来、身体を休めるために集中する力を
消化に奪われてしまっては質が低下しますよね。

3.美肌にも悪影響です

睡眠の質が悪いと成長ホルモンが十分に
分泌されません。

寝てる間、成長ホルモンにより
日中ダメージを受けた肌を修復します。

美肌が遠のいてしまいますよ。

4.物覚えが悪くなる            

カリフォルニア大学の研究チームによると
夜遅い食事を続けていると
物覚えが悪くなることがわかりました。

寝ている間の消化活動が、
脳細胞の修復を妨げてしまい、結果
脳の記憶を司る海馬にダメージを与える事に。

「間食」をしすぎない

1日3食きちんと食べた上で、
間食する事はおススメします。

間食でカロリーをプラスに摂取出来ますし、
気分転換になりますからね。

ですが、間食し過ぎて食事が食べれない
そこまで食べてしまっては問題です。

本当に大切なのは後に控えた食事です、
間食の量をちゃんと考えて食べる事が大切です。

後、間食する時のタイミングも大切です。

私たちの身体は食べて90分ほどすると
「空腹期の強収縮」が始まります。

この現象は胃から腸の内部を掃除する
働きがあるそうです、本当に身体ってスゴイ。

強く収縮することで、胃や腸の中にある
食べ物の残りカスや古い粘膜をこそぎ落し
胃腸を綺麗にしているんです。

この時間に間食すると胃腸が綺麗にならず、
腸壁は汚れ、胃腸の働きが低下して
ちゃんと栄養が吸収出来ない状態になります。

まとめ

同じ食事をしても、食べ方や
時間帯によって身体に与える影響が違います。

ちょっと気にして出来る事から
取り入れて「太れた!」あなたを想像して下さい。

少しでも参考になれば嬉しいです
最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする